yoga i.um SDGs
yoga i.um SDGs

弊社が考える持続可能とは生存性です。

目標3「健康」

目標5「ジェンダー」


今ある命が、つないでいく思いを大切にする

現在世界的に取り組んでいるSDGsに対して、ここ数年

「この17個に私が全身全霊をかけて貢献できる項目はあるのだろうか?」

と考え、ヨガアイアムが行っている一つ一つの内容,その先にある意味をじっくり見定めてきました。

その結果、私がたどり着いた持続可能な取り組みは生存性を高めることにあると考えます。

これまでもずっと「命を大切にすること」を軸にして

  • ① 自分の命、大切な人の命を守るための知識を入れること
  • ② いざと言う時に命を守れる体づくり

を大切にしてきました。

しかし、

命には必ず「終わり」があります。

だから私の“持続可能”に拘って考えた答えは『今ある命が、つないでいく思いを大切にする』ことに至りました。

これは自分自身の経験でもあり、ここまでの約10年間のヨガアイアムを経て実感していることそのものでもあります。

0歳から高齢者までの”そこにある思い”の尊重と、なぜその思いが存在しているのか?という思いの出どころに対して丁寧に取り組み、個人の未知なる可能性をどんどん開いていけるような環境づくりをします。

そのためには、今の自分を知ることが絶対的に必要であり、自分らしさを表現していける自信が必要です。

そしてここに関与するのが健康な精神と肉体です。


“全ての女性のエンパワーメント”に
力を入れたい

SDGs目標3「健康」、そして目標5の「ジェンダー」への取り組みを通しても、弊社は全力で”全ての女性のエンパワーメント”に力を入れて進めます。

女性とは、ライフイベントに忙しい生き物です。

ライフイベントにはホルモンバランスの影響、それに伴う社会の変化への不安がつきものではないでしょうか。

そんな女性である私たちが、自分らしい人生を歩んでいける力を付け、ライフイベントを楽しみながら年を重ねていける内なる自信を生み出していける場所がヨガアイアムでありたいと考えています。

すぐに手に入るものではなく、自分と向き合う時間が必要で難しい課題であるからこそ、ここに力を入れる必要があると感じていますし、それこそが持続可能な姿の根源であるとも言えるのではないでしょうか。

母という女性、母子関係、子どもの意思、そこから生まれるお互いの中にある大切な思い。

この思いの尊重は、必ずこの先の人生に活かされ、重大な決断を迫られた時にも、自分を大切にできる軸になると思います。

皆様と共に成長していけるヨガアイアムであり続けるために、母であり女性である皆様、共に自分たちらしい世界を切り開いていきましょう!

SDGsの取り組みを通して2030年までどんどん事業を展開していきます。

ヨガアイアムを楽しみに見守っていてください。そして是非、一緒に作っていきましょう!

このページをシェアする